ニュージーランドホテルインターンシップ体験談

インターンシップのマネジャー

インターンシップ先について

私は、クイーンズタウンにあるセイントモリッツというホテルのレストランで10か月間、ウェイターとして朝食担当をしていました。クイーンズタウンは世界中から観光客が集まる美しい街です。滞在中はスタッフアコモデーションに宿泊し、アルゼンチン人とインド人の3人でシェアしていました。3人とも別々のホテルで働いていたので、毎日お互いの状況について話し合ったり、時には一緒にお酒を飲んだりして楽しい日々を過ごしました。

ホテルインターンの仕事

レストランは、毎朝6時にオープンします。私は有給インターンシップが始まる前、語学学校でコーヒーを作るバリスタのコースを受けていたので、エスプレッソコーヒーを作る練習もしていたのですが、仕事を始めたばかりの時はコーヒーを作る自信が無く、裏で何度も作って経験を積み直しました。そして、自分が作ったエスプレッソコーヒーを初めてお客様にお出しした時、コーヒーカップが綺麗に空になっているのを見た時は、飛び上がるほど嬉しかったことを覚えています。インターンシップの後半は、朝食バイキングのフロアを任せてもらえるようになりました。もし自分が寝坊したり、体調不良で来られなかったりすると、レストランはオープンできないという責任を感じましたが、一度も失敗をしたことはなく、今では大きな自信となっています。

インターンシップのレストランst-moritz36

もう一つ忘れられないのは、ルームサービスで食事を持って行った時、部屋から出てきたのは、なんとニュージーランドのラグビー、オールブラックスで活躍されているダン・カーター選手でした! とてもうれしくて、今でもホテルで働いた1番の思い出です。

確実に英語が上達します!

ニュージーランドライフツアーズの「有給インターンシップ」プログラムは、確実に英語が上達します。仕事が始まった当初はスタッフの英語を理解するのが難しかったのですが、徐々に仕事にも慣れてくると余裕がでてきて、どんどん英語力が伸びていくのを実感できました。また、英語でのマナーや接客、それ以外にもたくさんの経験が積めたので、このプログラムに参加して全く後悔していません。英語が好きになること間違いなしのプログラムだと思います。

最後に、これから海外インターンに挑戦する皆さんに一つだけアドバイスがあります。ワーキングホリデービザで海外に行ってもなかなか仕事を得られず、結局日本の居酒屋や日本食レストランで働いている人を何人も見てきました。本気で英語が上達したい方、ネイティブがいる環境で就労体験をしたい方は、是非とも「有給インターンシップ」に参加されてみてください!人生の財産として一生自分の心に残ります。皆さんがこれを読んで、少しでも興味が湧くことを望みます!

山口 洋輔さん

海外有給インターンシッププログラムについては、こちらをご参考ください。

ジーナが厳選するおススメの語学学校はこちらの情報をご参考くあさい。