ワーキングホリデー 一般情報

ワーキングホリデー一般情報

ワーキングホリデーの対象年齢

日本国籍の日本に在住している18歳から30歳までの方

ワーキングホリデーの必要条件

・過去にニュージーランドのワーキングホリデービザを取得していない方。
・1年以内の帰国予定であっても、ビザ申請時、パスポートに1年と3ヶ月の残存期間が必要。
・犯罪歴のない方。
・所持金の証明は提示不要ですが、滞在資金として6ヶ月につきNZ$4200程度の所持金があること。

ワーキングホリデービザの申請について 

ニュージーランドライフツアーズで代行手配を行っています。

ビザ申請に必要な事柄  

・ワーキングホリデービザ申請代行料金

・申請者の連絡場所

・パスポートのコピー

・健康診断(結核不所持)の証書(所定の用紙有)

・現地の滞在先や職場(決定している場合)の連絡先

・免許証の交付日と有効期限(出生証明書、住民票も可)

・ニュージーランド渡航経験の有無の告知 

※健康診断(TBクリアランス)の検査にはニュージーランド政府が指定する医師(パネルドクター)の下、検査を行ってください。
健康診断(TBクリアランス)証書と、別紙で医者のサインと病院の印鑑付きの診断報告の手紙が必要)

・ニュージーランドワーキングホリデーで海外に行く際は、海外旅行保険に加入する事を強くお勧めします。

・当社でも航空券の手配が可能ですので、お気軽にお問合わせください

・ニュージーランドワーキングホリデービザや語学学校等に関するご質問や詳しい内容についてはお気軽にお問合せください

憧れのニュージーランドワーキングホリデー、でも着いてから何をしたらよいのだろう?

渡航目的は、人それぞれでしょう。しかし、ワーキングホリデー成功への第一歩はやはり語学を習得すること。ニュージーランドの語学学校には、最低4週間からの語学修学中に、ワーキングホリデービザ保有者のために就職先などをサポートするプログラムがあります。

語学学校には、多くの学生が世界中から集まっているので友達を作りやすい環境があります。ジーナ&パートナーズではカウンセリングを通じて様々な英語学習を展開している現地校を皆様にご紹介しております。

ワーキングホリデー中の就職活動の不安を解消!

ニュージーランド到着後、すぐに仕事が見つかると簡単に思っていませんか?
確かに、日本人経営のレストランやお土産屋などのお仕事はすぐに見つかるかもしれませんが、それでは日本にいるのと何の変わりもありません。せっかく英語圏のニュージーランドに来たのです。英語をフルに使ってキャリアアップを目指すには「有給インターンシップ」がぴったり。
ジーナ&パートナーズだから出来る、日本を出発する前に就職先を決めちゃいましょう。